FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
伸びたタラの木@小さなお庭
2年前、とある山から掘り上げてきたタラの木。
1度移植に失敗していることから、その時は土に石灰をまきしっかり中和、
そして腐葉土をたっぷり漉き込み、あまりいい土ではないところなので土壌改良も兼ねて
牛糞もたっぷり。そして勿論有機肥料もたっぷり漉き込みました。

そこへ2年前とある山から掘り上げてきたタラの木を移植。
車に積んでこれるほどの大きさなので1.2mくらいのまだまだ小さな木だったと思います。
勿論太さも小指程度の太さでした。

さて、あれから約2年…
タラの木はグングン伸びて2.5m以上になりました。
小さな庭で大きくなったタラ木は既にカメラに収まりません!!
タラの木1
太さもエライ太さ、場所によっては直径5cmほどにもなります。
これじゃぁ、これからやってくる春にタラの芽が出てきても手が届かないから収穫も出来ない!!
夏にはあまりに元気良く葉も広がるのでお隣さんの御迷惑にもなってしまうし
1本のまっすぐなタラの木より、切ってしまって枝分かれさせたほうが収穫も増えます。
…とのことで冬に入り、葉がすべて落ちるのを待って一気に1mほどに切ってしまいました。
タラの木2
とある山から来たこのタラの木は土作りをちゃんとしたこの庭に元気に根付き、今となってはこのタラの木の周辺に5本ほど新たにタラの木が一つの根っこから繋がって出てきています。
これは嬉しい(^0^)

さて、山菜に詳しい人にいつタラの木を切るのがベストなのか聞くと
タラの木は強いからいつでも大丈夫だよ、と。
でも気への負担を考えると冬が一番いいだろうね…と。
で、冬に切ったわけですが、そうすると別の山菜に詳しい方が
切ったタラの木は小さく切り分けて発泡スチロールで水につけておくと
春前に一度タラの芽を楽しめるよ(^^)と教わり
早速切り分けました。
タラの木3
同じ長さでないのは、既に小さな固い蕾のように出ている芽の上で切るようにしたので
長さがまちまちです。
まだ発泡スチロールが用意できていないのでバケツに入れた状態になっていますが
こちらの成長も楽しみ。

そして半分以下に切られたタラの木は今年枝分かれしてくれる事を願い、
春に出て来る芽を天ぷらにして愉しみたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/01/23 13:51 】 | ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
小さな庭のちょっとしたお話
今回は写真も掲載しないちょっとした小さなお庭での出来事のお話。
写真を掲載することは可能は可能なんですが多分見せてしまうと今後ここに遊びに来てくれる人がいなくなってしまうような気がするのでお話だけ(^^;)

実は先日ゴーヤをプランターに植えるに当たりその前から古い土の入ったプランターを整理したりとお庭で作業をしていました。
夜はヨトウムシ、昼間はアオムシ(シャクトリみたいなやつ)もいるので、大切な自分達の食料に被害は及んでいないか毎度パトロールです。

庭には一向に大した成長を見せないレモンの木がありますがその香りにつられてきたんでしょうかね…
アゲハチョウの幼虫を発見いたしました。
アゲハチョウの幼虫は柑橘系の木によくいるっていいますよね。
小学校の時は近所に夏みかんの木があり、友達と大量に捕獲して学校へ持って行きクラスのみんなで成長を見届け、さなぎから帰ったアゲハチョウは外へ放してあげていました。

ま、今思うとよくそんな事やったなぁ…という感じです。
『気持ち悪い!』『怖い!』って思わなかったんでしょうかね?
きっと暇な時にただただ眺めていた図鑑でアゲハチョウの幼虫だって事を認識できたんでしょうね。

で、この度、パセリにアゲハチョウの幼虫を発見いたしました。
即抹殺されそう(されそうですよ、されそう、抹殺してませんよ!)になったのは言うまでもありません。
『貴重な食材を!!!』と。

でもでも思えば…
最近自分の住んでいるあたりではアゲハチョウを見かけません。
しかもアゲハチョウの幼虫が食べているパセリはもう2年目でトウが立ち始めています。
間も無く花が咲こうというパセリ。
要はもうそのパセリは私たち人間にはパセリとして用をなさない状態、葉が固くなってしまってたわけです。
なので、思わず抹殺しかけましたが、
『いいよいいよ、そのパセリならお食べ。』
と言いそのままにしといたのです(^^;)

数日後パセリを見事食べつくし姿を消しておりました。。。

でも30cmほど離れた場所の巨大に成長しているアメジストセージにさなぎが!!!!
蝶に帰る場所としてアメジストセージを選んだようです。

さなぎから蝶に孵る時を是非見たかったのですが、先日はもうさなぎはもぬけの殻でした。
どうやら無事旅立ったようです(^^)

卵を産みに帰ってくる必要はないけどよかったらゴーヤの花でも受粉しにまた寄っておくれ(^^)/

庭の下を流れる水路にはザリガニがいます。
去年は細~いけれどヘビもいました。(大きいヘビより性格が強いのか威嚇してました)
ヘビや蜂はいやだけど、彼らがいないのも困るんだし。

まぁ、ひらひら~とアゲハチョウがお庭を飛んでたら『お?おぬしか?』と声を掛けるかも(笑)

『但し卵は産むなよ』と…

自然がなくなっていくのは寂しいね。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/06/27 02:14 】 | ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今日の…今月の収穫(^-^;)
暫く放置してしまいました。このブログ。
ごめんなさいです。

さて、小さな庭には冬も終わる頃からミックスレタスを植え、スタップエンドウの苗を4つ植えました。
間引きの勇気のなさが収穫率を下げる原因となったのか、ミックスレタスは思ったほど収穫できませんでした。
でも朝ごはんにとかき集めればまぁ二人分のサラダにはなったものです。
助かりました。
しかも一度収穫してから時間が経ったものを食べました。
全く味が違う。苦味があったりと収穫したての味とは全く違う。
やっぱり収穫したてで食べるべきですね。

スナップエンドウは誘引の仕方に問題ありであまりうまく出来なかったしハモグリバエ?(絵描きムシ)に葉っぱに散々名前どおり絵を描きまくられ、ま、実に影響なさそうだからいいか…と放置。
コバエホイホイなどが効くらしいのですが、外においてあるゆえ、雨の場合はどうしたら???など考えてしまいます。
仕舞いにはうどん粉病に掛かり2回の収穫で終わってしまいましたが
こちらはある日の朝ごはんのサラダ。
まだスナップエンドウはゆでたてでペーパーの上で冷ましている状態ですが(^^;)

画像 048

豆類は収穫した時からどんどん鮮度が落ちていくと聞きました。
それも納得。収穫したてのスナップエンドウはものすごぉくフルーツのように甘く未体験の味でした。
狭いながらも何が作れるか?今はそれを考えています。
ただ日々勉強なので、いろんな種類に広げるつもりはなく、一つ一つ丁寧に育てていければいいなと思っています。

先日は3種類計6苗のゴーヤを植えてみました。
一度やってみた事があるのですが剪定をして子ヅル孫ヅルなどを出さなかったせいか雄花ばかり咲いてしまい失敗に終わりました。
なのでリベンジです。
6苗の内、1苗はもうグングン伸びています。
早く花を咲かせてくれないかしら?

1つでもね、収穫できるとそれはそれはありがたい食卓になるんです。
ほかには去年のこぼれダネで紫蘇があちこちから出てきています。
ヨトウムシとの日々戦いですが、こちらも今シーズンは楽しみたいと思います。
気負わず、初心者向けの野菜から美味しい野菜作っていきたいです。

しかしスナップエンドウうまかった!!!
甘いトウモロコシの甘さに匹敵しそう!!!
皆さんも簡単に作れるプランター野菜などがありましたら教えてください(^^)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/06/26 04:33 】 | ガーデニング | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
小さな庭の春@Home
画像 483
小さな小さな日当たりの悪い庭にも春はやってきました(^^)
引っ越してきた時は粘土質の水はけの悪さにどうしていいものやらまずは土壌改良と牛糞や卵の殻、豚糞や堆肥、自家製堆肥、腐葉土等沢山漉き込んでまずは土を最低限のレベルに持って行きました。
お陰で場所によってはふかふかになっています。

昨年は土作り優先で花を植えることが出来なかったので、ホームセンターのガーデニングコーナーの隅に追いやられた花の終わったセール品を買って来春、つまり今年の春に備えて植えました。
昨年の春から『来年の春が楽しみだなぁ…』と言っていた私です(^^;)。
ユキヤナギやクロッカスが咲いたかと思えば、主役は今度はコデマリに譲り、今はコデマリ、そしてヒメウツギが咲いています。
画像 493
写真で言うとヒメウツギの奥側はものすごく水はけが悪く雨が降ると水溜りになってしまうんです。
その被害をヒメウツギ側に持ってこないために、ちょこちょこと散歩がてら多摩川で石を拾ってきては積み重ね、この場所だけちょっとしたロックガーデンのようになりました(^^)
(写真じゃあまり石は見えないのですが)
1年で見事に成長し沢山の花をつけてくれています。
日当たりがあまり良くないので暗くなりがちな庭ということもあり、白い花が春はメインです。
随分と遅咲きでしたがムスカリもようやく咲きました。
画像 485
そして、これは鉢植えだけどチューリップも♪画像 488
画像 489
で、ここからは食べ物編ですが。。。
山から持ってきて大切に植えているタラの木もちゃんと根付いて芽吹いてくれました。
今年は木の事を考えて収穫はしません。まだ細いしね(^^;)
画像 486
画像 487
カミキリムシも大好きなタラの木だからちゃんと監視しておかねばなりませぬ。
今年は早速蕗の葉をヨトウムシにムシャリムシャリと食べられてしまったのです。
あの灰汁の強い蕗の葉を良くぞ生で食べれるものだ(@0@)
でも昼間その蕗の葉の近くを掘り起こしてみるとやっぱりいました、モスラ級のヨトウムシ。
食いしん坊ヨトウムシは天に召されました(-人-)

さて、ヨトウムシの事は忘れて、話は椎茸に移したいと思います。
冬にホームセンターで菌の打ち込んである原木椎茸を買ってきました。
1日2日水に浸して、その後は先に書いた水はけの悪いすぐ水溜りが出来てしまうような場所へ置いて
そこからの湿度を利用しようかと。
でもちょっと晴れの天気が続いているうちにちょっと乾燥椎茸気味になっちゃった(>_<)
でも見て!一応食べれるサイズのこんな椎茸ができました!!
画像 492
少し乾燥椎茸気味になってしまったと言うのもありますが、ガーリックソテーにすると逆にその歯ごたえがたまらなく美味しくガーリックオイルもしみこみ、美味しくいただけました。
でもこの栽培方法じゃ乾燥してしまっているし、ダメなんだろうからもう少し栽培方法を勉強しなくてはいけないのかもしれません。
秦野から取り寄せた野菜に原木椎茸が入っていましたが、それは大変しっとりとしてジューシーな椎茸でした。
なかなか奥が深そうです。椎茸栽培。

そして昨年の夏も終わる頃、日の当たらない庭ならそれを生かそうと茗荷を植えました。
でも苗がもう黒いビニールポットに窮屈になってグルグル根っこを巻いてしまっていた状態だったので、根を丁寧にほどき植えたのです。
でも根をいじってしまったし、無事芽が出てくるかなぁ…とここの所ジーッと茗荷を植えた場所を眺めていました。
そしたら出てきました茗荷竹!!!
茗荷竹
今年はまだ小さな苗だし、茗荷竹を収穫できるほど茗荷竹は出てこないと思うのですが(刻んでお味噌汁に入れたりするとしっかり茗荷の味です!)、茗荷(花茗荷)を期待して夏を待ちたいと思います。
茗荷の甘酢漬けを作れるようになるくらい収穫できるのはあと何年掛かるかなぁ?
今年はお豆腐の薬味程度かな??

日当たりの悪い小さな庭、それも土壌もいいとは言えない環境の中、木や花はそれぞれの力で精一杯に成長してくれています。
これからは虫との闘いになりますが、こうやって花を咲かせてくれることに感謝感謝の想いです(*^-^*)

虫との闘いですが。。。
昨年の秋、焼酎にニンニクとタカノツメを漬け込み、数ヶ月放置して自家製の殺虫剤(虫除け)を作りました。
今はそれを500倍くらいに薄めて晴れの日に噴霧しています。
虫除けのつもりでしたが、ユキヤナギの新芽に集中していたアブラムシはかなりの数が死んだようです(-人-)チーン
定期的に噴霧していきたいと思います。
なるべく化学の力は借りたくなくて、土に対しても植物に対しても自家製の虫除けなどで対応していければなぁ…と。
木酢液も入れて薄めるといいようなのでまたドライブがてらどこかの道の駅ででも格安でGETしてきたいと思っています。

植物の芽吹きって本当に元気をくれますね(^^)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/05/03 17:22 】 | ガーデニング | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
小さな庭に春が来た♪
小さな庭に春がようやくやってきました。
私は以前栃木に住んでいて栃木では2月に福寿草が咲き、クリスマスローズが咲き始めると
水仙、ムスカリ、チューリップ、ユキヤナギ、ヒメウツギ、コデマリ、アジサイ、カサブランカ…と夏まで次々と花が咲いていきました。
でも同じ関東といえどもユキヤナギが満開になるのは4月の事。
まだ3月中旬ですが南関東ではもうユキヤナギが満開です(^^)

小さな庭のユキヤナギも小さいながらも花を咲かせました(*^^*)
ユキヤナギ
まだ苗が小さくてしかもちょっと地面の固いところに植えてしまったので成長がいまひとつです。
でも目の前は用水路のようになっているので用水路をアーチで覆うように咲かせたかったのです。
ここは冬は特に日当たりが良くないので花の咲くのも同じ地域の日があたる場所に比べたら咲くのは遅かったです。
去年、花が終わってセール品になっていたものを買って植えたものでした。
だからその頃からこの春が来るのが楽しみで仕方なかった。
咲いてくれてありがとうです(^^)

さて、更に昨年植えるのが遅くなってしまったのですがクロッカスとムスカリを植えました。
ここもまた冬はほんの数時間しか日が当たらないので成長が遅かったし、クロッカスはもう少し早い時期に咲くんじゃないかなぁ…とも思うのですが今はクロッカス畑になって楽しませてくれています(^^)
クロッカス畑
クロッカス2
数時間しか日が当たらないこともあってみんなして太陽の光を求めて同じ方向に向いてるんです f^^;
でもやっぱり花が咲くと嬉しいよねぇ。
ボーっと紅茶やコーン茶(韓国から帰ってきてからコーン茶、コーンのヒゲ茶、ドゥングレ茶にはまりまくり)を飲みながらお花を眺めるのはちょっとした幸せです(*^-^*)
しかしながら!
ムスカリの成長が著しく悪い。
まだ葉を出したばかりです。今年はお花期待できないかなぁ。。。
クロッカスもムスカリも1度植えれば数年は楽しめるから毎年きっと真っ先に春の訪れを知らせてくれるんだろうなぁって思います。

球根って上からポトポトと適当に落として落ちた所に植えると自然っぽくなる
なんて言います。だから今年はそれをやってみました。
整然と並べて植えるのではなく、上から落として落ちた所に植える。。。と。
そしてら、まぁ場所が重なること!
全くの平面ってわけじゃないから皆同じほうに転がって行っちゃうしね(><)
でもクロッカスやムスカリなどの小さな花を咲かせる球根って言うのは野の花の雰囲気を持ってて欲しいんですよね。
だから整然と植えるのではなくこうやってパラパラと植えてあるくらいが見てて落ち着くかも。

ここのお庭は引っ越してきた時ひどいものでした。
どこでも同じだろうけど、お庭の土が最初からいい土であるって言うのはなかなかないですよね。
土を入れ替えるわけにも行かないし、だったら土壌改良を。。。
と牛糞を漉き込んだり、卵の殻を漉き込んだり、コーヒーのカスも乾かして土に入れたり(油粕と同じ働きをすると聞いています)勿論堆肥も漉き込んだり。
まだまだ水はけが悪く雨が降ると水溜りがどうしてもできてしまう場所があったりするけど
じゃぁその水はけの悪さを逆に利用して何か植えたり、小さな池作っちゃったり(^^;)
考えることはいっぱいで夢膨らみます。

まぁスコップもなかなか入らない固い固い土の庭だったのに
お花たちは手入れをし多分、あるいはそれ以上に応えてくれて花を咲かせてくれています(^^)
だからまた頑張ろうって思えるね。

庭造り頑張るぞ p(^-^)q

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/03/22 08:00 】 | ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。