FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
吉田うどん 美也川@富士吉田
さて…
富士山によく行くとは前回のblogで書きましたが私がよく行くのは富士吉田エリアから朝霧高原くらいのエリアです。
高速のインターチェンジで言うと中央道河口湖ICから行ける範囲ですね。
私は東名高速からそう遠くない所に住んでいるので東名で御殿場に行き御殿場から富士山に入ることも可能なんですが、中央道から河口湖ICに入ったほうが好きなので大抵中央道で行きます。

…となると富士吉田エリアは、
『吉田うどん』
で有名です。
吉田うどんとは富士吉田エリアに50店舗以上専門店があるのですが、お店によってはあごが疲れるくらいのコシがあり、茹でキャベツが乗ってることが多く、肉うどんとなるとそのお肉は馬肉です。
だからさっぱりしてて結構食べれてしまう。
最初はなんなんだ、この硬さは!と思うほどコシがありびっくりしました。
そして『吉田うどん』の魅力はその安さ。
300円~400円で食べれます。

さて、そして今回訪れたのは『美也川』というお店。
結構有名店です。
美也川
初めて訪れました。
お店に入ると、まず靴を脱いで、座敷の好きな席に座ります。
相席当たり前。
呑気に座ってたら、『注文は紙に書いてください』といわれました。
入り口入るとすぐそばにメモ用紙が置いてあり、そこに食べたいものを書いて渡すというシステム。
今回は肉うどん、そして肉玉うどん、更にコロッケを追加。
肉玉うどんは大盛りです。
頼んで5分もしないうちに出てきました。
美也川うどん
肉うどん…300円
肉玉うどん…350円+大盛り100円
コロッケ…50円
でございます。
ちょっと濃い目のスープ。お肉はやはり馬肉なのでさっぱりです。
もう少し茹でキャベツが欲しかった感じもします。
コシは吉田うどんでは控えめなほうなのかな。。。

まだ勉強不足で知らなかったのですが、吉田うどんの特徴として
『すりだね』という赤唐辛子をベースにしてゴマや山椒を加えたものを油で炒めたものがお店によってオリジナルのようで違うらしいのです。
今度はそのテーブルにおいてある『すりだね』も付けておうどんを頂いてみたいと思います。

ちなみに白須うどんというお店が吉田うどんの私のとってのデビューでした。
看板もなく見つけるのにちょっと苦労しましたがこのお店もやはり玄関(このお店の場合入り口というよりは玄関です)で靴を脱いで、かけうどんかつけうどんの2種類しかメニューはありません。
お値段300円。
民家の大部屋で食べるような感じで仏壇の前にズラッと並んで座って食べます。
吉田うどんデビュー戦にはかなり度肝を抜かれました。
ここは茹でキャベツがドカッと乗っかっています。
結構好きです。

でも、50店舗以上もある『吉田うどん』。
まだまだ色んなお店に行ってみようと思っています。

よかったらクリックお願いします↓


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/08/20 01:58 】 | 旅先で… | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<バジルオイル with Costco Oliveoil | ホーム | 夏の富士山>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://withmomiji.blog85.fc2.com/tb.php/23-866c784d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。