FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
素敵なクリスマスプレゼント☆
年も明けた頃にクリスマスプレゼントの話をするのもなんなんですが。
今年は素敵なクリスマスプレゼントを貰いました。
といっても高価なものとかじゃなく…ずっと欲しかったけど買い渋っていたもの。
北鎌倉のお庭の台所―果実とハーブと小さな野菜北鎌倉のお庭の台所―果実とハーブと小さな野菜
(2009/10/23)
藤田 みどり

商品詳細を見る

楽天ブックスはこちら

本なんです。
保存食を作るのが好きな方やお庭のもので果実酒やジャムなど作る方はとても気に入るんじゃないかと思います。
エッセイのように読む部分もあり、想像を膨らませながらのこの保存食の本は本当に素敵です。

私は小さな頃からムーミンが好きで大人になってからは赤毛のアンの魅力に再び取り付かれ
どうして好きなんだろう?って思うとやっぱりムーミンママの手作りの料理や
自然の素材から作りだす子供達(ムーミン達)へのおやつだったり
そして赤毛のアンではアンを育てたマリラが作り出すお菓子やお料理に。。。
お庭の野菜を収穫してのお料理なんかに強い憧れを抱いていたんです。

大きな庭がなくてもそんな夢を実現させてくれるようなそんな気にさせてくれる本なんです。

どうして買い渋っていたか?
保存食の本は何冊か持っているからなんです。
手持ちの本に梅干の作り方だって梅シロップの作り方だってジャムの作り方だって載っているわけです。
だから必要ないのかなぁ…
そう思って買えずにいました。

でもね…保存食の本を持っていても新たな発見を沢山させてくれる本であって
更にもう見てるだけで楽しいんです。
ちょっとした工夫でここまで食卓が豊かになるのかな?
そう思わせてくれる本。
私が貰った本には帯がついてましてね。
何故か竹中直人さんの言葉なんです
『藤田みどりさんの料理はキラキラした光の御馳走だ
土、光、緑、風、香り。そして季節たちが優しく静かにこころに染み込んでくる』
って書かれてるんです。

納得なんですよね。
小さな季節が食卓にあるだけで本当に食卓は豊かになりますものね。
それに食卓で季節を感じられるんです。

果実と『ハーブ』って書いてありますけどね、勿論ハーブにはミントやカモミールやバジルやセージなどの代表的な西洋のハーブも載っています。
でも山椒や赤紫蘇、どくだみやヨモギなんかもちゃんと日本のハーブとして載ってるんです。

一つの素材につきレシピは1つか2つです。
でも見ていると生活を豊かに出来そうなそんな気がしてきます。

素敵な本です。
前回のブログで『人参の葉のおやき』のレシピを見つけたと書きましたが
実はこの本に載ってたんです。
大根なんかも大根のレシピじゃなくて間引き菜のレシピだったりするんです。
そんな『ちょっとした素材を生かす』お料理のレシピが嬉しかったりするんです。

実は既にこの本から超美味しいものを1品作りました!
あれやこれやに使い、写真すら撮り忘れ、絶賛でございます。
すぐまた作る予定なのでその時にでも、紹介しますね!!!

寒い日々ですがあったかい気持ちにさせてくれる本。
保存食が好きな方、季節の食卓が好きな方お勧めです!

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

【2010/01/03 22:38 】 | | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<春を待つ… フキノトウ | ホーム | 人参の葉@Home>>
コメント
はじめまして。「北鎌倉のお庭の台所」の共著者の写真家の福岡将之ともうします。本の紹介を、こんなに丁寧に書いてくださっていて、じっくり読ませていただきました。この本は、本当に心をこめて作った本ですので、日本中の大勢の方に見て頂きたいと思っています。どうもありがとうございました。「北鎌倉のお庭の台所」のホームページhttp://www.oniwanodaidokoro.com/でも、紹介させていただきましたので、こちらもご覧ください。
【2010/01/18 13:15】 | URL | ふくおか #yURjEU6.[ 編集] | page top↑
福岡将之様

このたびはコメントを頂きありがとうございました。
びっくりして、ただただ恐縮するばかりです。
HPも見させていただきました。
保存食系のネタからブログに訪れてくれる方が多く、私もこの暖かさたっぷりの本を多くの人に紹介したい気持ちです!
HPもまた別に紹介させていただきたいと思います。
だって、本当に素敵なんですもの!
北鎌倉は私が住んでいるところからは決して遠くありません。
そんな近くの場所でこんなに季節感たっぷりの豊かな食卓は憧れなんです。

本当にありがとうございました。

これからも『北鎌倉のお庭の台所から』の本、ずっと大切にしますね!
藤田様にも宜しくお伝えください。

嗚呼…本当に感激です。
ありがとうございました。
【2010/01/18 17:02】 | URL | もみじといっしょ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://withmomiji.blog85.fc2.com/tb.php/79-b8348c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。